こんにちは楽しみ太郎です!

今回は最近、人気上昇の「蘭州ラーメン」をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

国民食として発展を続ける「ラーメン」!

ラーメンの発祥は中国と言われていますね。

その中国のラーメンが日本に上陸してから数々の名店が出ました。

 

 

日本独自の発展を遂げるラーメン界に

いよいよ中国でも人気のラーメンが上陸しました。

その名も「蘭州拉麺」(らんしゅうらあめん)

 

 

この聞きなれないラーメンが、

じわじわと広がっているのだそうです。

中国旅行をした人が結構はまっていると言う。

 

 

そんな中国人だけでなく、

日本人にも人気の出たした、

「蘭州拉麺」・「蘭州ラーメン」を追っかけてみました。

 

 

 

     メニュー

 

・蘭州ラーメンってどんなラーメン?

・蘭州ラーメンの基本や特徴は?

・蘭州ラーメンのお店は?

 

 

 

 

・蘭州ラーメンってどんなラーメン?

 

中国には中国十大麺と言われるものがあるそうです。

その中でも、中国で一番有名なラーメンと言われるのが、

蘭州牛肉拉麺(らんしゅうぎゅうにくらーめん)」です。

蘭州ラーメンは中国・西北部の甘粛省蘭州が発祥の麺料理です。

中国西北部に多いイスラム教徒の人たちが食べる、

豚肉などを使わないハラル料理でもあります。

 

 

麺はかん水を使用したコシのある麺を使用し、

コシのない柔らかい麺を使用することが多い中国の他の麺とは一線を画している、

麺の太さは素麺ほどの細いものから

幅5センチメートル以上の平打ち太麺までさまざまである。

蘭州市内には 3,000 軒以上の蘭州牛肉麺を出す店が存在しており、

牛肉麺と呼ぶ。牛肉拉麺と呼ぶことも多い。

 

 

スープの薬味にコリアンダー(香菜)などのハーブが使用される事も多く、

スープの上に香辛料を加えた辛い油を加えることがほとんどであるため、

スープの表面が真っ赤になることが多い。

中国十大麺!

中国飲食業界において、専門機関により「中国十大麺」が選出されたことは初めてだという。

このほど、中国商務部と中国飯店協会により初めて「中国十大名面条(中国十大麺、中国十大面)」が選出された。

その結果、武漢熱乾麺、北京炸醤麺(北京ジャージャー麺)、山西刀削麺、河南蕭記燴麺、

蘭州拉麺(蘭州ラーメン)、杭州片兒川、崑山奥灶麺、鎮江鍋蓋麺、

四川担担麺(四川タンタン麺)、吉林延吉冷麺が選ばれた。

出典:http://china8.blog82.fc2.com/blog-entry-3204.html?sp

 

 

 

・蘭州ラーメンの基本や特徴は?

まず麺ですが、基本的に手打ち平打ち麺が多く使用されます。

麺はかん水を使用したコシのある麺を使用しています。

かん水により麺の色は黄色味を帯びているのが普通です。

蘭州ラーメンは清真料理の一つであり、

そのスープや具材には、豚肉は一切使われません。

牛肉が基本的に使われます。

その為、牛肉拉麺と言われるゆえんです。

 

 

 

清真料理(せいしんりょうり)は、

中国に居住する回族や他のムスリムの料理を指しています。

「清真」とは“汚れがない”という意味だそうです。

 

 

蘭州ラーメンの独特の風味は「一清二白三紅四緑五黄」と表されています。

一清(澄んだ透明なスープ)

二白(大根の白)

三紅(辣油の紅)

四緑(香菜、ニンニクの緑)

五黄(麺の黄色)

本場では、透明なスープの上に真っ赤な辛い油が加わります。

香辛料をベースにした辛い油ですが、

なれない外国人は注意が必要です。

 

 

 

 

 

牛肉ベースの激辛ラーメンを想像してしまうのですが

ちょっと違うようですね、

スパイスの使い方が、日本人とは大きく違うようですね?

 

 

 

・蘭州ラーメンのお店は?

 

上記のような蘭州ラーメンを食べられるお店は、

まず一軒目です。

東京・神保町の地下鉄駅を出て3分ほど東に歩くとある、

「馬子禄 牛肉面(マーズルー ぎゅうにくめん)」

(千代田区神田神保町1-3-18)。

参考:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13212190/

 

中国への留学時代に週2、3回は食べるほど好きになったという、

店長の清野烈(たける)さん(39)が8月に開きました。

店の名前は、実は蘭州にある老舗の名店と同じです。

 

 

2軒目は、池袋駅北口から徒歩数分。

2017年8月10日にオープンした「蘭州拉麺店 火焔山」

東京都豊島区池袋2-47-7

参考:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13212134/

スタッフは全員中国出身、お客もほぼ中国人で、

店内では中国語しか聞こえてこない。

 

 

 

今のところ、この2軒が有名なところですね。

ラーメン好きなあなた!

是非、お試ししてみてはいかがですか?

 

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事