こんにちは楽しみ太郎です!

 

今回はシーズン到来の山形蔵王温泉スキー場をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

今年の冬は寒さが厳しいようですね!

あっちこっちで、今年一番の寒さ!

とのニュースが飛び込んできています。

でも、待ち望んでいる人たちもいるのですよ!

そうです、スキー場の関係者や、

ウィンタースポーツを愛する人たちです。

そこで、冬の名門場所と言えば

山形蔵王温泉スキー場でしょう!

滑るだけではなく、樹氷を見て、温泉に入って

楽しみ満載のところですよね!

今回はそんな山形蔵王温泉スキー場の

楽しみ方を調べてみなした。

さあ、この冬は山形蔵王にレッツゴー!

 

 

       メニュー

・山形蔵王温泉スキー場のゲレンデマップは?

・山形蔵王温泉スキー場の温泉マップは?

・山形蔵王温泉スキー場の樹氷マップは?

・山形蔵王温泉スキー場での服装は?

 

 

・山形蔵王温泉スキー場のゲレンデマップは?

さて、では山形蔵王温泉スキー場の魅力は何でしょう?

それは、国内最大と言われるほどのゲレンデの広さです!

上級から初心者まで遊べるコースがいっぱいです!

 

 

また、スキーやスノボーができなくても

遊べる場所も満載なのですよ!

簡単に言えば、ソリやスノーモービルでも遊べちゃう!

 

またまた、面白いのは何も持たずに遊べる便利な

レンタルも充実しています。

ほんとですよ!

トレンディな街着から、そのままスキーウエアへ変身も可能です!

だからあなたは、行動の予定日を決めて

予約すれば、白銀の世界で思いっきり遊べますよ!

 

 

 

山形蔵王温泉スキー場の行き方とゲレンデマップ!

山形蔵王温泉スキー場へは、

JRや自動車が便利ですね。

飛行機の利用もできます。

 

 

行き方はこちらから↓

http://zaoropeway.co.jp/ropeway/access.html

 

ゲレンデマップはこちらから↓

http://www.zao-ski.or.jp/gerende/

 

 

・山形蔵王温泉スキー場の温泉マップは?

 

さて、スキーやスノボーで楽しんだり、

雪合戦やソリで楽しんだりしたら、

次は温泉を楽しみましょう!

蔵王温泉は本当にたくさんの温泉があります!

好きなところを選んでください(笑)

そして、いっぱい入って楽しんでくださいね!

泉質は強酸性が特徴ですよ!

別名、美肌の湯!です。色白になりますよ。

 

 

蔵王温泉の泉質
泉質
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(旧泉質分類:含硫化水素強酸性明礬緑礬泉)
源泉が複数あって、それぞれ温度やpHが少しずつ異なるが、1.6前後が多く強酸性の泉質が特徴である。強酸性泉が古くから皮膚病に高い効能があるとされる。また肌を白くする効能から「姫の湯」の異名も持つ。

 

 

温泉街
いくつかの共同浴場や日帰り入浴施設がある。また国内有数のスキー場である蔵王温泉スキー場に隣接しており、数十件の旅館やホテルが建ち並ぶ。その数は、企業の保養所まで含めて120軒を越える(ただし温泉を引いていない施設も含まれる)。

温泉街にそって酢川が流れ、上流には温泉を祀った酢川温泉神社がある。

共同浴場は上湯、下湯、川原湯が存在する。他に日帰り入浴施設が3軒存在する。春から秋にかけては、川沿いに「蔵王温泉大露天風呂」が作られ、蔵王温泉の名物となっている。

共同浴場下湯の前には足湯も設置されている。

<ウィキペディア>

 

 

温泉街マップはこちら↓

http://www.center-plaza.jp/access/access-syosai.htm

 

・山形蔵王温泉スキー場の樹氷マップは?

さて蔵王に来たら、樹氷を忘れては困りますね!

今年は、冬の到来が早く、

いつもなら2月が見ごろの樹氷も成長を始めました!

もうライトアップも始まりますよ!

 

樹氷の案内はこちらです↓

http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/zao/jyuhyo/

マップは現地でお楽しみください。

蔵王温泉観光協会HP↓

http://www.zao-spa.or.jp/

 

蔵王樹氷祭り
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/zao/winter/2017-2018/

 

 

・山形蔵王温泉スキー場での服装は?

滑るのを中心にするか、観光中心かで少し変わりますが、

日中、夜に関わらずスキーウェアがあるなら滑る時の装備で行くのがベストです。

一番大事なのは肌の露出を極力避けるということです。

 

 

 

日中でも-10℃前後ですから。(夜は-20℃)

普段着ならば上はちょっとオーバーかなというくらい着込んだ方がいいですし、

下はスキー用のインナーを中に履いていった方がいいです。

 

また観光なら足元が冷えますから、これまたスキー用の靴下か厚手の靴下を2重に履いてもいいです。

帽子、耳あて、手袋、あとは顔をカバーするのに

ネックウォーマーかマフラーがあればベストです。(鼻毛が凍ります)

 

靴に関しては普通の靴でいいですが、防水スプレーを吹きかけておいた方がいいですし、

外を歩くなら頂上で長靴を無料で貸し出しています。

前日に雪が降り積もらなければ結構踏み固められています。

しっかりガードして、楽しい冬を満喫してくださいね!

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事