こんにちは楽しみ太郎です!

今回はエアレスタイヤの現在お伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

今年の自転車のタイヤで印象的な物が目についた

それは、ブリヂストンの車輪の軸と輪を放射状につなぐ

赤色の樹脂製「スポーク」が印象的な自転車だった!

 

 

その名も、「エアレスタイヤ」!

その名の通り、空気が入っていないタイヤである!

そんな、タイヤが自動車用として開発されている?

そんな情報もある。

大いに興味があり

調べてみた。

 

 

 

 

  メニュー

・エアレスタイヤとは?

・エアレスタイヤの自動車用って?

・エアレスタイヤの構造と価格は?

・エアレスタイヤの課題とは?

 

 

・エアレスタイヤとは?

簡単に言えば、

空気の入っていないタイヤの事である!

 

 

そんなタイヤをはいた自転車や自動車は

ガタガタして乗りごごちが悪い!

当たり前の常識である。

 

 

そもそも自転車の初めは、

ゴム製のタイヤではなく、木製だった!

その後、空気入りのタイヤが開発され今日がある。

 

それが今、「空気のないタイヤ!」の出現が話題になる?

いったいどんなタイヤなのか?

乗りごごちの悪いタイヤだったら

面白い!冗談としては最高である?

しかし、今回の発表は驚きの物である!

本当に今まで見たこともない形状の物が輪状に並んでいた!

当然空気は入っていない。

製造メーカーどうしの開発が進んでいると言う

ブリヂストンが、

循環型社会を見据えた

次世代タイヤの開発を加速している。

 

 

空気を充填しなくて済む「エアレスタイヤ」で、

パンクに備えたスペアタイヤを省ける。

住友ゴム工業など競合するタイヤ大手各社も

省資源につながるタイヤの技術開発に注力しており、

開発競争が過熱しそうだ。

・エアレスタイヤの自動車用って?

パンクの心配なし、スペアタイヤ不要、メンテナンスフリー…。

空気入りタイヤに代わる近未来の空気充填不要タイヤが、

実用化に向けて一歩前進した。

 

 

東洋ゴム工業(兵庫県伊丹市)は9月8日、

新開発・空気充填不要タイヤ「noair(ノアイア)」の概要説明会を、

大阪市内で開催。実際に市販車に装着させての試乗会も実施した。

 

 

 

2006年からエアレスタイヤの研究に取り組んできた同社は、初期型(2006年)、

パンタグラフ型(2006年)、Y型スポーク(2007年)、

楕円形スポーク(2009年)といった5世代にわたる試作モデルを経て、

今回第6世代となるノアイアの発表にこぎつけた。

このように、すでに自動車用の

エアレスタイヤは実用の段階にきているようである。

夢のようなタイヤである。

ユーザーからすれば、パンクの心配がない!

これは、最大のメリットである。

乗りごごちを追及して生まれた

現在のタイヤである。

 

 

その乗り心地を保ったままの

エアレスタイヤである。

不思議でしょうがないが、事実のようである。

このエアレスタイヤの開発は

東洋ゴム工業だけではない

先序のブリジストンも開発を進めている。

・エアレスタイヤの構造と価格は?

それでは、吸気入りタイヤと

同じような乗りごごちで

エアレスタイヤとはどんなものだろうか?

 

 

その構造を見てみる。

自動車のタイヤは

金属のホイールにタイヤが組み合わさっています。

 

 

ブリジストンの自転車のエアレスタイヤの構造は

タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることで、

タイヤへの空気充填を不要となっている。

基本的には他のタイヤも同じである。

タイヤの内輪と外輪を支える

スポークに特徴がある。

 

 

東洋ゴム工業のアイアは、

内芯側を高剛性の特殊な樹脂スポークで構成し、

荷重を支持する力を確保するとともに、

トレッド部分にはゴム部材を用いて、

「走る、曲がる、止まる」というタイヤの

基本性能を成立させている。

 

 

 

特に、ノアイアではタイヤ幅の奥側と手前側を

交互に交差させる「X字型スポーク構造」を採用していると言う。

このように、エアレスタイヤの構造は

内輪と外輪を結ぶ特殊な樹脂スポークに

その秘密があるようです。

 

 

ではいったいどのくらいで提供されるのでしょうか?

残念ながらどのメーカーも

はっきりとした価格の表示はありませんでした。

 

 

かなり実用化が進んでいるようですが、

価格設定は今のところ未定のようです。

早く発売されるといいですね!

・エアレスタイヤの課題とは?

では現在メーカーが最後の開発競争の

課題の部分は何なのでしょうか?

自動車のあらゆる運動を支えるタイヤです。

その運動荷重をどのように支えるか?

これが最大の課題だそうです!

今も昔も変わらない課題のようです。

ただ現在は、構造と材質で空気をしのごうとしています。

それ以外に、耐久性が大事な要素となって言います。

でもかなりなところ、実用化は目の前ようですね。

本当に早く欲しいですね!

しかも手ごろな値段で!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事