スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はNHK大河ドラマ「薩摩ことば」の主演の鈴木亮平さんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

7日、NHK大河ドラマ「西郷どん」がスタートした。

主演を務めるのは鈴木亮平さんですね。

がっちりした体型でよく似合う配役ですね。

 

 

初回の放送で、ストーリーの内容とともに

話題となったのが「薩摩ことば」です。

 

初回放送中は標準語表記がなく「字幕放送」も鹿児島弁で、

ネットでは「テロップないと何言ってるか分からない(笑)」

「鹿児島出身者ですが、喋ってる方言はかなりマイルドですよ」と注目が集まった。

 

 

そんな鹿児島弁の指導者と

どうやって覚えているか、

また、鈴木亮平さんの奥さんや子供が

気になったので調べてみました。

 

 

   メニュー

・鈴木亮平さんのプロフィール

・「西郷どん」薩摩ことばの指導者は?

・鈴木亮平さんの薩摩ことばの勉強法は?

・鈴木亮平さんの嫁さんと子供は?

 

 

 

・鈴木亮平さんのプロフィール

名前:鈴木 亮平(すずき りょうへい)

別名義:友近亮平

生年月日:1983年3月29日(34歳)

出生地:兵庫県西宮市

身長:186 cm

血液型:A型

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台

活動期間:2006年 -

配偶者:既婚(2011年 - )

事務所:ホリプロ

主な作品

テレビドラマ

『花子とアン』

『天皇の料理番』

映画

『HK 変態仮面』

『TOKYO TRIBE』

『俺物語!!』
<ウィキペディア>

鈴木亮平さんが俳優を志したのは中学の時です。

中学時代に映画を見て俳優になりたくなったそうですね。

そして大学で演劇サークルに入って活動をします。

その演技を見てもらって感激してくれるのを見て

一生の仕事にしようと決意したそうですね。

 

 

2006年、演技学校アクターズクリニックに所属し

同年7月、テレビドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー。

翌2007年12月公開の『椿三十郎』で映画デビューしています。

 

 

・「西郷どん」薩摩ことばの指導者は?

さて、NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まりましたね。

もういきなり言葉がわからず(笑)ビックリでしたね。

 

解説も「薩摩ことば」だけの解説で余計わからなかった。

いったい、この難解な方言を指導しているのだろうと

少し調べてみました。

 

お二方おられました、一人ずつしょうかいします。

 

〇迫田孝也さん

1977年、鹿児島県生まれ。

舞台・映像・バラエティーなど幅広く活躍中。

昨年、大河ドラマ「真田丸」での熱演が話題を呼ぶ。

現在、「ごごナマ」月・木曜日の午後3時台に出演中。

<迫田孝也さんコメント>

かごんま出身の迫田孝也の新たなる挑戦じゃ!

地元の鹿児島は勿論もちろんじゃっどん、

全国も一緒に盛り上げていっでな!!

皆様、「西郷どん」の始まりを楽しみにしちょってくいやんせ!

〇田上晃吉さん

1982年生まれ、鹿児島県出身。

大河ドラマに多く出演。

「篤姫」では薩摩藩士・有村雄助を演じた。

「龍馬伝」では方言指導も行う。

近年は、時代劇だけでなく、ドラマ・舞台・CM 等、幅広く活躍中。

<田上晃吉さんコメント>

大河ドラマ「西郷どん」の方言指導という

大役をいただき本当にうれしく光栄です。

古き良き故郷の言葉を大切にしつつ

「全国の方に伝わる活いきた方言を!」を

モットーにご指導出来るよう努めておりますので、

ぜひ薩摩ことばにも注目して楽しんでいただけたらと思います。

よろしくお願いいたしもす。

〇西郷どんと歩む二人の“薩摩ことば隼人”制作統括・櫻井 賢

昨年の秋。ある食事会で迫田孝也さんと偶然お会いし、
迫田さんが鹿児島出身であることを初めて知りました。

そのとき、俳優仲間に愛される迫田さんの人柄に触れ、
私はひらめいてしまいました。

「この方に薩摩ことば指導をお願いしたい」と。

ドラマの方言は、土地の魅力を表現する大きな武器である一方、
俳優にとって表現の自由を奪うものです。
オファーを快諾してくださった迫田さんは、
田上晃吉さんとタッグを組み、
慣れない言葉と格闘する俳優チームに寄り添い、
“生きた薩摩ことば”があふれる熱い現場を育んでくださっています。
二人の薩摩隼人と出演者の絆が、日本の日曜よる8時に
“薩摩ことば旋風”を巻き起こします!

出典:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=11351

 

 

・鈴木亮平さんの薩摩ことばの勉強法は?

主演の鈴木亮平さんは

この難解な薩摩ことばをどのように克服しているのでしょう?

ちょっと覗いてみましょう。

 

亮平さんは演技中の言葉を人一倍大事にしている人です。

めちゃくちゃ難しいです。4カ月くらい撮影していても、

いまだにセリフの方言を覚える時間が短くならないと言っています。

どうやら、言葉よりも独特のアクセントに苦労しているようです。

通常のセリフを覚えることの10倍はかかているとしています。

本当に大変なのですね。

 

「一つの文章の中にアクセントで高くあがる部分が4、5個入っている。

こんな方言、中々ないですね」と苦笑しながら、

「気持ちを込めて演じるときにアクセントがぶれてしまうので、

覚えても自然と出てくる、寝てても口から出てくるぐらいのレベルまでやっておかないと」と

薩摩ことば習得に並々ならぬ意気込みを見せています。

 

脚本を手掛ける中園ミホ氏も、

鈴木さんの事を、凄く努力家と評している。

どうやら、薩摩ことば漬けの日々のようである。

 

 

・鈴木亮平さんの嫁さんと子供は?

鈴木亮平さんは2011年7月28日に結婚しています。

お相手は一般の女性で年上の方だそうです。

 

出会いは、モデル時代(学生時代)に知人の紹介で知り合ったようです。

奥さんはウェブ関係の仕事をしていたようです。

お子さんは、2011年の11月17日に誕生しています。

女のお子さんのようです。

どうやらできちゃった婚?のようですね。

今は5歳になるでしょうか?

幼稚園に通っているでしょうね。

本当にかわいくて仕方ないでしょう!

 

奥さんやお子さんの名前などはわかりませんでした。

 

今年一年、「西郷どん」が楽しみになってきました。

鈴木亮平さんも体調に気を付けて頑張ってほしいですね!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事