スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

 

今回は活動20周年の「モンパチ」こと、 モンゴル800をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

昨年の12月31日、

宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で

カウントダウンライブがあった。

 

 

 

メインは当然「モンパチ」=モンゴル800である。

バンド結成20周年幕開けを飾るカウントダウンライブである。

 

4200人の観客が一緒に新年を祝った!

今でこそモンパチの名前は知れわたっているが、

沖縄中心の活動で、異色のスリーピースバンドだ!

そのスタイルはあくまでも自然体である。

もう少し、モンパチを

追っかけてみましょう!

 

 

 

    メニュー

・モンパチのプロフィールとメンバーは?

・モンパチの活動は?

・モンパチの楽曲とライブは?

 

 

・モンパチのプロフィールとメンバーは?

プロフィール

バンド名:MONGOL800

略称:モンパチ

基本情報

出身地:沖縄県浦添市

ジャンル:パンク・ロック

青春パンク

メロディック・ハードコア(初期)

オルタナティヴ・ロック

ポップ・パンク

活動期間:1998年 -

事務所:ハイ・ウェーブ

公式サイト:MONGOL800 HOME PAGE

http://www.mongol800.jp/index.html

メンバー:
上江洌清作(ボーカル・ベース)

儀間崇(ギター・ボーカル)

髙里悟(ドラム・ボーカル)

MONGOL800(モンゴルはっぴゃく)は、

1998年に沖縄県で結成された、

日本のスリーピースロックバンドです。

メンバー

浦添高校の同級生で1998年結成。

〇上江洌清作(うえず きよさく、 1981年2月15日(36歳) - )

ボーカル、ベース担当。沖縄国際大学文学部英文学科卒業。

〇儀間崇(ぎま たかし、 1980年10月9日(37歳) - )

ギター、ボーカル担当。

〇髙里悟(たかざと さとし、 1980年8月17日(37歳) - )

ドラムス、ボーカル担当。四国大学卒業。趣味は釣り。

釣り番組大ちゃんの釣りに行こう!にゲスト出演したことがある。

2016年より 四国大学短期大学部音楽科 特任教授。

<ウィキペディア>

 

 

3人のバンドはキャッチーなオリジナル曲を作り、

ライブ会場を魅了する力があった。

 

結成から3年でリリースしたセカンドアルバム

「MESSAGE(メッセージ)」が爆発的ヒットした。

これまで300万枚を売り上げる。

 

インディーズ史上最多セールス、

売り上げランク首位獲得など前代未聞づくしだった。

 

 

MONGOL800 / STAND BY ME

 

 

・モンパチの活動は?

モンパチの活動は、ライブ中心である。

しかも中央のメディアにはほとんどでない?

何かこだわりがあるのだろうか?

 

 

2作目「MESSAGE(メッセージ)」爆発的にヒットして、

これで全国区となったが、

メンバーは沖縄の活動をつづけている。

 

 

デビュー以来、故郷の沖縄をずっと活動の拠点にしており、

作品の発表とライブだけで満足しているという。

 

メディア出演には関心が薄く、

『MESSAGE』のヒット直後は取材申し込みが殺到し、

精神的な負担の危惧などから、ほぼ全てを断っていた。

 

 

また、ミュージック・ビデオやアーティスト写真すらも作らなかった。

こういった姿勢から、「ロック界最強のマイペース」とも呼ばれた。

 

ブームが落ち着き、バンド活動に専念するようになってからは、

普通に取材を受けている。

 

 

・モンパチの楽曲とライブは?
モンパチと言えばフェスである。

すっかり沖縄のフェスをイメージ付けることとなった

MONGOL800主催の「What a Wonderful World!!」!

2009年にスタートし、隔年で行われてきている。

 

 

 

沖縄を代表するロック・バンドが

手作り感覚で運営する通称“モンパチフェス”は

今では、いろんなアーティストから逆オファーを頂くようになった。

楽曲は、ロック中心の沖縄を題材にしながら

青春を訴えかける曲も多い!

メディア出演には関心が薄く、

「ロック界最強のマイペース」とも呼ばれていた。

 

しかし、そのメンバーの人徳かモンパチフェスには

大物アーチストの出演が多い。

 

今後益々の活躍を応援しています。

 

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事