スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は野菜高騰への対策は?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

寒さが身に染みるシーズンですね!

こんな時には、熱々の「お鍋!」

と行きたいところですね。

 

 

でも、最近のスーパーでは大異変です!

そうです、鍋には欠かせない

野菜が、高いのです!

もはや高い!の範疇を超えているそうです。

平年の2倍、3倍は当たり前!

5倍の野菜もあるとか?

 

もう簡単に、「今夜は鍋!」

なんて簡単に言えませんね!

トホホ・・

 

そんなあなたにちょっとした

朗報を少しお伝えします!

 

 

 

   メニュー

・野菜高騰には豆苗で!

・野菜高騰にはキノコ類ともやし!

・意外と見落とすカット野菜!

 

 

・野菜高騰には豆苗で!

野菜高騰で毎日の献立に

頭が痛い人が

多いですね!

 

 

そんななか、

安定した価格で爆発的な人気と

なっている野菜がある。

エーいったいなんだろう?

そう思った人は多いはずですよね

その野菜は出荷量は

去年の2倍!人気の秘密を取材した。

その野菜は「豆苗」です!

この安定感抜群の野菜は

この野菜高騰にこその野菜なのです。

 

 

最近の野菜の高さは?

安さが売りのあのスーパーでも最近の値段は、

白菜は4分の1カットで198円。

 

農水省によると、野菜の価格は

去年の同じころと比べると

白菜やブロッコリーはもちろん高い。

 

大根やキャベツは2.5倍以上に。

年が明けても続く野菜の高騰。

特に気になるのは鍋にしたい野菜。

 

鍋物野菜をかごに入れていくと554円。

カレーの野菜だと458円。

大きな差が出る。

 

今、75円と価格が安定している豆苗。

売り場を見ると、開店から3時間が経ち、

残りわずかとなっていた。

 

 

人気の理由は一度切っても、

もう一度生えてくる2度おいしい豆苗!

 

そのお得さから、

野菜の価格が上がってくると連動するように

豆苗の出荷量は増えるという。

 

 

しかも、豆苗は工場生産野菜!

それでも想定外の事態。

爆発的な豆苗の人気で、

スタッフを増員して

出荷作業が行われている。

 

 

実際、出荷量は去年の2倍。

先月は過去最高の出荷数だったという!

 

・野菜高騰にはキノコ類ともやし!

豆苗に次ぐおすすめは、

キノコ類!

これも、工場生産野菜ですね。

正月前後は少し高目に推移しますが

もう安定した値段に

戻っています。

 

しかし、鍋料理には欠かせないですね!

だから、これもねらい目で

色々なキノコを入れた料理が

食卓を飾ります。

キノコの利用法も

千差万別で、

種類も多いですから

この時期には嬉しいですね!

利用法の参考に!

定番 キノコ鍋

ブナシメジ、なめこ、なめたけ、エリンギ、マイタケ・・

などのキノコ中心に

鍋に仕立てましょう!

 

 

味は、キムチ味や、豆乳味がおすすめです。

合わせた、豆乳キムチ鍋が絶品です!

キノコ以外は、

肉は、豚肉や鶏肉、

こんにゃくに、豆腐を入れれば

簡単にできます!

豆苗を入れて尚美味しく!

どうぞ召し上がれ!

・意外と見落とすカット野菜!

こんな時の見落としがちなのが、

カット野菜です。

カット野菜は、野菜高騰前からの

契約で、ほぼ値段が決まっています。

だから、あまり値段が変動しないようです!

 

プーパーの売り場に行ったら

一度確認してみてくださいね!

思った以上に、

「安い!」と思うのが

並んでいますよ!

 

カット野菜は

サラダでも、

調理にでも使えます!

 

この時期には嬉しい

野菜です。

野菜は必要な栄養素があり

食事には欠かせませんね!

 

この時期は

賢く探してくださいね!

最後は、意外や意外の

通販野菜もお勧めです。

こちらも、値段があまり変わらないようです?

お試しはこちらから↓

 


 

 

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事