スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は立(たて)行司の第40代式守伊之助をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

16:00更新:伊之助、夏場所後引退!

日本相撲協会は13日、臨時理事会を開き、若手行司にセクハラ行為をした立行司の式守伊之助(58)=本名野内五雄、大阪府出身、宮城野部屋=に対し、3場所の出場停止処分を言い渡した。既に伊之助からは辞職願が出ており、協会は5月の夏場所後に受理するとしている。14日初日の初場所は立行司が不在となり、別の行司が結びを裁くことになる。

セクハラの式守伊之助、3場所出場停止 夏場所後に辞職

 

昨年12月、沖縄・宜野湾市での

冬巡業後に泥酔して10代行司に

複数回キスするなどして

セクハラを行ったとされています。

 

 

 

本人はお酒を飲むと

泥酔し、行動がわからなくなることが

たびたびあったようです。

この所属する部屋を含めて

調べてみました。

 

 

      メニュー

・第40代式守伊之助のプロフィール

・白鵬のいる宮城野部屋とはどんな部屋?

・嫁(妻)や子供は?

 

 

 

・第40代式守伊之助のプロフィール

40代式守伊之助

基礎情報

行司名:式守吉之輔 → 木村吉之輔 → 11代式守錦太夫 → 40代式守伊之助

本名:野内五雄

生年月日:1959年12月23日(58歳)

出身:大阪府岸和田市

所属部屋:宮城野部屋

データ

現在の階級:立行司(式守伊之助)

初土俵:1975年3月

幕内格:2005年9月

三役格:2011年11月

立行司:2013年11月

27代木村庄之助の弟子であるが、

師匠が所属していた立浪部屋は行司の数が多かったため、

一門の宮城野部屋に入門した。

36代木村庄之助からは、

「若い頃から立ち振る舞いが美しく、

裁きも正確である。」と高い評価を受けている。

一方で、近年は次節で示すように、

差し違えをはじめとした土俵上でのミスは非常に多く、

好角家の漫画家、やくみつる氏からは、

「裁きが上手じゃないし、ミスも多くて、

しばしば問題視されていた。」と

酷評されており、評価が分かれている。

<ウィキペディア>

 

 

 

土俵上での不手際は結構ある。

特に最近では、軍配差し違えも増えている。

そんな中で起きた、泥酔によるセクハラ問題である。

・白鵬のいる宮城野部屋とはどんな部屋?

伊之助の所属する部屋は、

宮城野部屋(みやぎのべや)で、

日本相撲協会所属で伊勢ヶ濱一門の相撲部屋ですね。

 

 

現在の師匠は、元関取・前13・竹葉山で

12代:宮城野誠志(みやぎの せいじ)氏である。

この部屋は白鵬を育てた部屋として

有名ですが、それ以外に

悪評も多い部屋である!

2007年5月、11代宮城野親方が

白鵬の横綱昇進の為に八百長をやったと

報道されたり?

2015年9月に傷害事件を起こしたりしている?

ズーっと問題のある部屋ですね。

最近は、白鵬のわがままを教育するどころか

わがままを増長させている

そのような部屋のようにさえ思える。

 

 

昨年の、日馬富士の暴行事件後も

土俵での軍配に注文つけたり、万歳三唱を扇動したり

やりたい放題を、とがめられない親方のようである。

 

 

こんな部屋だから、

今回のような行司の問題も起きる!

この部屋だから、起こるべくして

起きた、セクハラであろう!

 

 

たぶん、この問題も

氷山の一角で、

部屋内では、もっとたくさんの

不祥事がありもみ消しているだろうと

想像できる。

これが、国技と言われる相撲を

司る大事な部屋だとは

本当に情けない!

もう閉鎖してはいかがだろうか?

 

 

白鵬にしても、

最近の言動にはゲッソリである

もう引退を勧告すべきである!

 

 

白鵬には、日本に帰化して

相撲協会の幹部になり、

日本の大相撲会を、

モンゴル人で牛耳る野望も見え隠れするが?

 

 

神事として見ている

大相撲を、理解しているとは思えない。

白鵬は、相撲をただの、プロスポーツの一つだろうと

見ているようである。

もう、横綱を張っているのはやめてもらいたい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・嫁(妻)や子供は?

現在の情報では結婚しているかわかりませんでした。

本人は「男色」ではないと言っていますので

結婚しているのが普通かと思います。

相撲部屋所属とのことで

部屋内に住んでいるとは

言われていません。

結婚して、家庭をもって

部屋近くに住んでいると考えるの

一般的でしょう!

この件は

情報が入り次第報告します。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事