スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

 

今回はネクストブレイクのファッションリーダー田中芽衣さんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

田中芽衣さんは、

次世代のファッションリーダーの呼び声が高いですよね。

特にティーンから熱い支持を得ており、

「Runzuki」のモデルとしても活動中です。

 

熊本県生まれで、

デビューのきっかけが、

もともと熊本在住で2014年から「Runzuki」の

読者スナップとして登場しています。

 

 

 

もともとは愛読者という位置づけでした。

「めいめろ」の愛称は可愛いですね。

「JELLY」2018年2月号からは

最年少で専属モデルに加入します。

 

 

   メニュー

・田中芽衣さんのプロフィールと高校は?

・田中芽衣さんの二重まぶたは?

・田中芽衣さんのブランドが気になる?

 

 

 

・田中芽衣さんのプロフィールと高校は?

名前:田中 芽衣(たなか めい)

出身地:熊本県

生年月日:2000年1月28日

年齢:17歳

身長:162cm

足サイズ:24㎝

職業:モデル 女優

趣味:映画鑑賞、フィルムカメラ

特技:ダンス、ピアノ

Twitterフォロワー数:約291,300

Instagramフォロワー数:約277,700

事務所:株式会社クオリアム

出典:http://www.qualiam.com/profile08_mei-tanaka.html

 

 

芽衣さんがとてもオシャレに興味があり

もともと自分のブログを立ち上げ、

自分なりのオシャレ情報を発信していたそうです。

 

 

そのブログが現在の事務所の方が興味をもち、

熊本まで出向いて田中さんを

直々スカウトしたという逸話がありますね。

 

 

2014年3月号 読者スナップ掲載

同年5月号  読者モデルとして登場

同年12月号 「Ranzuki」最年少モデル

として14歳でデビューしました。

 

 

芽衣さんの高校ですが、

調べてみると飛鳥未来高等学校!という

情報が有ります。

 

 

飛鳥未来高等学校というのは、

通信制・単位制の高校で

本部は奈良県にあるみたいです。

 

 

東京には綾瀬・池袋・千葉にそれぞれ

キャンパスがあります。

田中芽衣さんが通われている

飛鳥未来高校出身の芸能人はと言うと、

藤田ニコルさんや紗蘭(さら:モデル)さん

らがいらっしゃいました。

 

 

やはり忙しいから、

このような学校を選ばれたのですね。

 

 

田中芽衣ツイッター

 

 

 

 

・田中芽衣さんの二重まぶたは?

10代のファッションリーダーとしても

呼び声が高い田中芽衣さんですね

「めいめろ」の愛称でおなじみです。

 

 

そんな、芽衣さんですが、

目を二重に整形しているのでは?

との疑惑があります。

 

 

果たして本当でしょうか?

こういう事は以前の写真や

卒アルなどで比較してみると

いいですよね。

 

 

特に中学の卒アルなんかが

あると、バッチしですね。

中学で整形なんてないですもんね!

 

 

それで、写真を探してみました。

それでは最近の画像です

 

 

 

ばっちりの二重ですね!

当然と言えば当然ですが!

 

 

中学の画像です

 

 

すっぴん画像も

 

 

確かに見比べてみると

中学の時は一重まぶたの感じがします。

 

でも、よく見ると

うっすらと二重っぽくも見えますね!

私は中学のこの時まだ成長中の

女の子ですから、一重でもありと思います。

 

 

また、成長して二重になる事はよくあるようですから!

やはり田中芽衣さんは

整形などしなくても

ばっちりの二重瞼でしょう!

 

 

 

・田中芽衣さんのブランドが気になる?

田中芽衣さんは自身のブランドを立ち上げています。

2017年4月にオリジナルブランドは

「mememi(メメミー)」です。

 

 

みずからクリエイティブディレクターを

務めているようですね。

 

 

 

いったいどんなブランドなのでしょうか?

「どんな時も輝く女の子に」なってほしい!

そんなコンセプトのようです。

 

サテン、ラメなどの素材で月や星をモチ-フで

キラキラした世界感を演出するブランドです。

 

子供チックすぎない、

ちょっぴり大人めの

可愛さをテイストとしている

ブランドということですね!

 

 

今年はますます注目されそうな

田中芽衣さんです。

 

ファッションだけでなく

ドラマなどへも意欲的のようですね。

 

今後の活躍を期待します!

 

 

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事