スポンサーリンク

こんにちは太郎です!

NHK大河ドラマ「西郷どん」の相撲大会が好評です。

特に若い役者のふんどし姿が大人気のようです。

 

大相撲と比較して本気度をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

NHK大河ドラマ『西郷どん』2月4日の放送が

「神回だった」と言われています。

鈴木亮平のふんどし姿に、女性たちが熱狂したというのです。

また、出演する若手の俳優さんの

ふんどし姿も、それぞれの肉体が

輝いいて、女性が思わず見とれたらしいですね(笑)

 

 

スポンサーリンク

    メニュー

・鈴木亮平(西郷吉之助)さんのプロフィール

・鈴木亮平さんの肉体改造?

・大相撲と違う緊張感!

 

 

・鈴木亮平(西郷吉之助)さんのプロフィール

名前:鈴木 亮平(すずき りょうへい)

別名義:友近亮平

生年月日:1983年3月29日(34歳)

出生地:兵庫県西宮市

身長:186 cm

血液型:A型

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台

活動期間:2006年 -

配偶者:既婚(2011年 - )

事務所:ホリプロ

 

 

意外と東京外国語大学外国語学部を卒業しています。

実用英語技能検定1級を持っています。

そんな人が、役者を目指したのだから

おもろいですね。

スタートはモデルです。

わかりますよね、絶対モデル向きですよね!

東レの業界史上初の「水着キャンペーンボーイ」ですね。

2006年に俳優デビューをしています。

映画デビューは2007年12月公開の『椿三十郎』!

 

・鈴木亮平さんの肉体改造?

俳優の鈴木亮平さんは

演じる役柄によって劇的に肉体を変えることから

「和製ロバート・デ・ニーロ」との呼び声も高いですね。

演じる役柄に応じて、これまでに

幾度もの肉体改造を行ってきた鈴木亮平さん。

映画「HK 変態仮面」では主人公の色丞狂介役を演じるため、

体重を一時的に15kg増量させたうえで肉体を作り、

そこから脂肪を削ぎ落とすという役作りをされました。

専門のトレーナーをつけず、独学で肉体改造を行われたそうです。

 

ちょっと怖いような気がしますが

きちんと知識を入れながらの改造だったようです。

減量も危険な場面もありますから

大変ですよね。

 

でも一番大変だったのは

体重をふやす事だったと言っています。

筋トレよりも食事で体重を増やすことのほうが

辛かったと後にインタビューで語られています。

 

それにしても、肉体を役作りとはいえ

劇的に肉体を変化させるのは本当に大丈夫なのでしょうか?

どこかで病気にならないことを祈ります。

 

・大相撲と違う緊張感!

さて、興奮した女性陣が見ていたのは

薩摩藩主の就任祝いの余興としての

相撲大会です。

 

優勝賞金は米10俵!

現代では考えられないでしょうね。

そのころの日本は薩摩藩だけでなく

全国的に貧しかったのですよ。

江戸時代は鎖国政策もありますが。

国内の絶対的生産量が少なかったのですね。

そんな時代を背景とした相撲大会です。

現在の大相撲が、力士や親方、協会の

不祥事で神聖な相撲というイメージが壊れた時に

薩摩藩の相撲大会の一途さが引き立ったような気がします。

 

やはり日本では、大相撲は神事だとの

思いが募りましたね。

今回の西郷どんでは、藩主に対する

ささげることでしたね。

なにか、すがすがしく見えました。

現実がどろどろと見えているかもしれなせんね。

ちょっとよだんになりました(笑)

いずれにしろ男性の若者の肉体の輝きに

女性は感情を引き付けられたとは

嬉しいことですね。

これからも、是非いろいろな場面を

表現してほしいですね。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連記事:鈴木亮平の西郷どんの方言指導者が気になる?嫁と子供も?

スポンサーリンク
おすすめの記事