スポンサーリンク

こんにちは太郎です!

今回は寝具会社「西川産業」(東京都)の

物流倉庫「大利根センター」の火災についてお伝えします。

それでは見ていきましょう。

火災は、8日午後9時35分ごろに起きた。

工場内が燃えているのを男性警備員が発見し、

119番通報した。消火活動は翌日まで続き、

9日午後5時15分ごろ鎮圧した。

この火災で、加須署は同日、同センターの倉庫内の段ボールなどに火をつけたとして、

非現住建造物等放火などの疑いで、この倉庫で働く同市道目のアルバイト、

砂賀悟容疑者(21)を逮捕した。

 

8日午後9時35分ごろ、埼玉県加須市新利根にある寝具会社「西川産業」(東京都)の物流倉庫「大利根センター」が燃えているのを男性警備員(29)が発見し、119番通報した。消火活動は翌日まで続き、9日午後5時15分ごろ鎮圧した。この火事で延べ床面積約2万平方メートルの鉄筋コンクリート2階建て倉庫がほぼ全焼した。けが人はいないという。  加須署は同日、同センターの倉庫内の段ボールなどに火をつけたとして、非現住建造物等放火などの疑いで、この倉庫で働く同市道目のアルバイト、砂賀悟容疑者(21)を逮捕した。調べに対し「ストレス発散のため」と供述しているという。  同署や消防によると、8日午後9時ごろ、警報装置が作動し、駆けつけた警備員が火災を発見。最初は1階が燃えていたが、2階に燃え移ったという。 西川産業によると、倉庫は同社最大の物流拠点で、布団などの寝具を保管していた。同社広報担当者は「一部商品の発送に影響が出るとみられる」としている。  昨年2月に三芳町上富の通販会社「アスクル」の物流倉庫火災を受け、同10月に実施された大規模倉庫の立ち入り検査で西川産業の倉庫で軽微な消防設備不良が見つかったが、既に改善されていたという。  近所に住む男性(66)は「8日の夜に寝ようとして2階に上がったら炎が見えて驚いた。この辺は倉庫が多いので怖い」と話していた。

 

スポンサーリンク

   メニュー

・砂賀悟容疑者のプロフィール

・砂賀悟容疑者の画像は?

・被害額はいくら?

 

・砂賀悟容疑者のプロフィール

名前:砂賀悟

よみ:すながさとる

年齢:21歳

住まい:加須市周辺

仕事:アルバイト

 

名前が珍しいのと、21歳で若い人ですから

ツイッターやフェイスブックがあるのではと

調べて見ましたが、見つかりませんでした。

また、アルバイト社員とのことで

大学や短大専門学校なども

当たってみましたが学歴を含め

情報をえることができませんでした。

ネットでのやり取りも

行っていないようですね?

もしかしたらすでに削除されたのかもしれません。

・砂賀悟容疑者の画像は?

上記のように現在のところ

砂賀悟容疑者を特定できる

画像はありませんでした。

ただ、警察に連行される

砂賀悟容疑者と思われる人物の

画像がありました。

 

・被害額はいくら?

この火事で延べ床面積約2万平方メートルの

鉄筋コンクリート2階建て倉庫がほぼ全焼した。

となっています。

延べ床面積約2万平方メートルの工場は

いったいいくら

掛かるのでしょうか?

ざっくりとした情報ですが

新築となると、10億円は

くだらないと思われます。

それに今回は、材料や製品

また、人件費なども被害額に含まれるでしょう

もう一つ生産活動の被害額は

その企業によって大きく違います。

ふとんの西川といえば

寝具業界でもトップブランドです。

もう、想像がつきません。

21歳の若者が払える額とはとても

思えませんね!

保険の適用なんてあるのでしょうか?

幸い、人的被害がなかったことが

救いですね。

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

 

スポンサーリンク
おすすめの記事