こんにちは太郎です!

今回はロサンゼルス・エンゼルスの

大谷翔平投手の2試合連続ホームランをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

やってくれました、大谷翔平投手です!

昨日は、あいさつ代わりの一発が出て、安心していましたが

今日はなんと、2試合連続でホームランですよ!

もう神がかり的ですね!

 

大谷選手には、アメリカに行っても野球の神様が

ついて回っているのでしょうか?

出来れば、離れずにズ~っと一緒にいてもらいたいですね(笑)

 

・価値あるホームラン!

この試合の流れはロサンゼルス・エンゼルスにとって

あまりよくなかった!

いや、悪い流れで4回まで来ていた。

誰一人塁に出ていないのだ!

5回ようやく1死から6番のシモンズが三塁前にセーフティーバントを決めて、

ようやく初めての走者が出たのだ。

 

そして、2死後大谷へ打順が回ってきた。

運命なんてこんなもんだろうか?

球場の誰もが凡打でチェンジと思っていただろう。

1打席目を見ている彼らは当然の思いだろう。

しかし、大谷翔平投手だけは違っていた、

1打席目の中で確実に相手ピッチャーの球筋が見えていた。

だから2球目のカットボールのファウルは悔しがった!

見えていたのだ、相手投手のボールが!

そして3球目は外寄り、147キロのフォーシームだった。

しっかりと腕を伸ばして捉える番だった。

センターオーバーの同点2ランを放った!

 

試合後、大谷は言っている。

「投げミスが極端に少ない。その中でたまたま僕の打席で、あの球は投げミスだったんじゃないかと思います。

その球をしっかり打てたのが自分にとってラッキーでした」

こうして最強右腕から放った本塁打は、まさにこの23歳の若者が、

本物であることを全米に印象づけるに十分なものだった。

チームが苦しい時の一発を打ちたい!

価値ある一発を!

ヒットでもホームランでもいい!

そう言っていた大谷の初めての価値ある一発が出た!

2018.4.5 大谷翔平 2戦連続◯◯!8番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs インディアンス Los Angeles Angels Shohei Ohtani

 

 

スポンサーリンク

・打った相手が凄い!

このホームランを打ったピッチャーは

昨年、昨年18勝4敗の最多勝で自身2度目のサイ・ヤング賞を受賞している

クリーブランド・インディアンスのクルーバー投手である。

もう全米を、いやメジャーを代表するピッチャーなのだ。

その相手から放ったホームランは計り知れないものになった!

各チームのピッチャーはこの一発で、大谷のすべてを頭に

叩きこむことになったはずだ。

そのくらい、すごい投手から打ったのである。

ダルビッシュ投手は一生かかっても当たらない投手と言っている

クルーバー投手である。

また、このホームランで、対戦する可能性のある

マー君は、早速大谷を分析していたようだった。

これからどこまで行けるのか、行くのか

誰にもわからないが、大谷選手のメジャーが

華々しく始まって、期待が膨らんだことは確かである。

 

ガンバレ!大谷!

 

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信    

関連ブログ:健美食と共に    

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク
おすすめの記事