こんにちは太郎です!

今回は日本相撲協会側が土俵を下りるよう求める

ナウンスを流した問題の波紋をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

京都府舞鶴市で4日行われた大相撲春巡業で、

土俵上であいさつを始めて約1分後、

あいさつ中に突然倒れました。

その後、観客席にいた女性が土俵に上がって

心臓マッサージを開始しました。

この女性、実は市長は元病院の院長でそこに

勤務したことのある看護師だったようです。

 

女性は「いてもたってもいられず、応急処置をした」

と話しているようです。

その後、会場に待機していた救急隊員らがAED(自動体外式除細動器)や

担架を持って駆け付けたという。

 

・日本相撲協会の体質が言わせたアナウンス!

その間に信じられないことが起こったのである。

そう、若手行事の「女性は土俵から降りなさい」のアナウンスである。

また、現場で日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、

手ぶりでも下りるよう指示したと言うのです。

もうこの日本相撲協会の協会員は、救急処置を中断し、

市長が亡くなっていたら犯罪者になっていたのではないか?

そのくらい命を救う場面と協会の体裁とを理解できていない人だろう?

協会の変な行動はその後も続く、

市長が病院に搬送された後、土俵に大量の塩がまかれたそうです。

それを見ていた観客は、異様に見えたと言っています。

協会は、怪我をした時のお清めだと説明しているようですが、

観客には、情勢が上がったから、塩をまいたと見ていた人が

多かったようです。

もはや相撲協会の人たちは、「神事」や「伝統」と言いながら

性差別や偏見の村社会を改善しない集団と見られても

仕方がないのではないか?

先の暴力問題でも、いつも改善すると言いながら、

いつまでもなくならない暴力問題!また、八百長疑惑、

問題を真摯に解決しようと思うなら、もう結果が出ていなかければ

ならない問題だ!

 

スポンサーリンク

・まだまだなくならない差別体質!

今回の、京都府舞鶴市の大相撲春巡業の土俵上で倒れた市長を助けようとした女性に、

土俵から下りるよう促す場内放送が流れた問題は、「女人禁制」の慣習に固執する

かのような判断に識者からも「悪弊であり、廃止すべきだ」との指摘が上がる。

しかし、今回の女性差別発言も、のど元過ぎて終わるような気がする。

女性の退場を促した場内放送は「日本相撲協会の変わらない体質が表れている」!

これまでも、女性差別の問題はいくつもあった。

理由は「神事」「伝統」の理由である。

 

しかし、優勝力士に対する土俵での表彰を女性知事が希望したり、

元横綱が断髪式の際に母親のために土俵を下りてはさみを入れて

もらったりしたケースを経ても「伝統」は変わってこなかった。

「神事」「伝統」も大事な物とは思うし否定もしないが、

ようは使い方の問題ではないのだろうか?

神事の事を取り上げれば、日本の生活様式すべてが

神事とつながっています。

 

そう思うと、女性差別は相撲が発展してきたときの

取り決めにほかならず、いろいろな神社の行事も見られます。

そろそろ、大相撲は興行で、奉納土俵入りは神事!くらいの

区別くらいはしてもいいのではないでしょうか?

 

だから、あまりこだわる必要もないと思います。

特に今回のように「命」がかかった場合にはなおさらです。

何が大事か、相撲協会はきちんと考えて、

体質改善を図る時期なのではないでしょうか?

 

本当に日本相撲協会が変わる事をお祈りします?

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク
おすすめの記事