スポンサーリンク

こんにちは太郎です!

今回は昨夜のサッカー日本代表戦をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

なんとも情けない結果だった!

 

西野ジャパンの初の試合とあって

国中が関心と期待をもって見ていただろう!

しかし、その期待は見事に打ち砕かれた!

 

ハリルホジッチ前監督はどんな思いで見ていたのだろう?

もしかしたら、もう関心がなく、見る気もなかったのが

心境かもしれない。

そしてこの結果を聞いて、「やっぱり」とつぶやいたかもしれない。

そんなところを追っかけてみました。

メニュー

  • 西野ジャパンのガーナ戦の結果
  • ロシア代表はどうなる?
  • すべては選手の能力?

 

スポンサーリンク

西野ジャパンのガーナ戦の結果

30日にワールドカップ壮行試合が行われた。

4月にハリルホジッチ前監督を解任し慌ただしく発足した西野ジャパン、

の初陣で、正式メンバー23人が発表される前日の最終選考会で、

対戦したのはロシア大会に出場しないガーナ代表だった。

その陣容は、わずか17人で2日前に来日した、

時差ぼけに苦しんでいる主力不在の若手たちに完敗を喫したのだ。

試合は、3バックで始まったが、開始早々の前半8分に、

DF槙野智章(浦和レッズ)の不用意なファウルで与えた

直接フリーキックを叩き込まれて先制を許した。

後半6分にはGK川島永嗣(FCメス)が、

ペナルティーエリア内で相手選手を倒して与えたPKを、

ゴール中央へ豪快に決められた。

攻撃面ではいい面も多少あったが、最後に決めきれないのは

相変わらずで、誰かが点を取ってくれるだろう?

的なプレーに見えたのは私だけだろうか?

 

情けなかったのは、日産スタジアムのピッチでは壮行セレモニーが華やかに催され、

人気音楽ユニット『ウカスカジー』の歌声が響き渡っている中で

主役の選手の虚しさばかりが目立っていたことだった。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ロシア代表はどうなる?

ロシア代表は、一夜明けた31日に午前中の練習をへて午後4時に

23人が発表される予定だった。

しかし、急遽一時的にチームを解散した。

 

西野ジャパンはますます混迷に落ちっている様子で、

ロシアの代表選手の行方は本当に分からなくなってしまった。

 

 

今のままでは、誰が出ても、誰が監督でも

ワールドカップでは惨敗が予想される?

本当に代表選手でチームが組めないのが一番の問題だろう。

 

ハリルホジッチ前監督が「ほれ見ろ!」と言っているようで

本当に情けない気持ちだ。

ここからの西野ジャパンに奮起を期待したい!

 

すべては選手の能力?

ここで30日の試合をもう一度振り返ると

選手の動きがぎこちなく思えたのだが?

この試合はロシア代表を撰ぶ試合である事よりも

壮行試合と思って、のんびりしたのだろうか?

とも思って見ていた。

 

なにか危機感の感じない試合をみせられて

本当にがっかりしたのだ。

確かに3バックの試しの内容もあったのだろうが

プレーに積極性が見られず、ミスばかりが目立った。

 

しかもプレーに柔軟性がなく、決められてことをやっている?

ように見えた。ゴールも厳しく狙いにいかずに

結局はノーゴールだった。

 

 

本当の日本の選手の力量とはこんなものだと

思い知らされた感じだった。

どうしても、日本人びいきになるが

残念ながら、ひいきに見てもレベルが高い選手が

何人いるのか?と思うしかなかった。

 

 

現在の全日本のサッカーの選手の能力やモチベーションは

これまでのワールドカップ大会に出場する直線では

本当に低いいのではないだろうか?

 

もうロシア大会まで時間がない!

しかしその中で代表に選ばれた選手には

最大限の能力と気力の発揮を望みたい!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題     

スポンサーリンク
おすすめの記事