スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はワールドカップ・ロシア大会での

西野ジャパンをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

いよいよワールドカップ・ロシア大会が近づいてきた。

現在日本代表は6月2日に事前合宿地のオーストリアへはいり

調整を行っている。

今のところ、メンバーには故障者もなく順調に練習をこなしているようである。

特にフォーメーションの確認や、戦術の確認と訓練も合わせているようである。

そんな、西野ジャパンの戦いにエールを送るとともに

今後の事を見ていきたい。

 

メニュー

  • 西野朗監督のプロフィール
  • 日本代表メンバー
  • 日本代表の今後の試合日程
  • 西野監督と日本代表を信じよう!

 

 

 

スポンサーリンク

西野朗監督のプロフィール

名前:西野 朗(にしの あきら )

国籍:日本

生年月日:1955年4月7日(63歳)

出身地:埼玉県浦和市 (現:さいたま市)

身長:182cm

体重:72kg

選手情報

ポジション:MF

利き足:右足

ユース

1971-1973:埼玉県立浦和西高校

1974-1978:早稲田大学

クラブ

1978-1990:日立製作所

代表歴

1974-1978:日本

監督歴

1991-1992: 日本 U-20

1994-1996: 日本 U-23

1998-2001:柏レイソル

2002-2011:ガンバ大阪

2012:ヴィッセル神戸

2014-2015:名古屋グランパス

2018-:日本

選手としての活躍よりも、指導者としての手腕の方が有名である。

1991年からU-20日本代表監督を始め、日本代表監督まで

J1のクラブチームを率いて、国内3大タイトルを制覇した。

2015年末現在のJリーグ監督通算勝利数270勝は、歴代1位となっている。

その後、2016年3月より、日本サッカー協会(JFA)の理事に就任し、

降格処分となった霜田正浩技術委員長の後任として技術委員長に就任。

現在、前監督のハリルホジッチ氏の後任を務めている。

<ウィキペディア>

 

 

スポンサーリンク

日本代表メンバー

5月31日に発表されたサッカーW杯ロシア大会日本代表です。

サッカーW杯 日本代表23人を発表

【GK】

川島永嗣(35歳、メッス、3回目)

東口順昭(32歳、ガ大阪、初)

中村航輔(23歳、柏、初)

【DF】

長友佑都(31歳、ガラタサライ、3回目)

槙野智章(31歳、浦和、初)

吉田麻也(29歳、サウサンプトン、2回目)

酒井宏樹(28歳、マルセイユ、2回目)

酒井高徳(27歳、ハンブルガーSV、2回目)

昌子源(25歳、鹿島、初)

遠藤航(25歳、浦和、初)

植田直通(23歳、鹿島、初)

【MF】

長谷部誠(34歳、アイントラハト・フランクフルト、3回目)

本田圭佑(32歳、パチューカ、3回目)

乾貴士(30歳、エイバル、初)

香川真司(29歳、ドルトムント、2回目)

山口蛍(27歳、セ大阪、2回目)

原口元気(27歳、デュッセルドルフ、初)

宇佐美貴史(26歳、デュッセルドルフ、初)

柴崎岳(26歳、ヘタフェ、初)

大島僚太(25歳、川崎、初)

【FW】

岡崎慎司(32歳、レスター、3回目)

大迫勇也(28歳、ブレーメン、2回目)

武藤嘉紀(25歳、マインツ、初)

(カッコ内は大会開幕日=6月14日時点の年齢、所属、W杯出場回数)

日本代表の今後の試合日程

これからのロシアワールドカップ大会の日程を含めてです。

◎2018/6/8(金) 19:00

国際親善試合:スイス代表 vs 日本代表

場所:スイス/ルガーノ:スタディオ・コルナレド

◎2018/6/12(火) 15:05

国際親善試合:パラグアイ代表 vs 日本代表

場所:オーストリア/インスブルック:ティボリ・シュタディオン

 

サッカーW杯ロシア大会日程

グループH

日時         対戦カード         開催都市

6月19日(21:00) コロンビア vs. 日本     サランスク

6月19日(24:00) ポーランド vs. セネガル   モスクワ

6月24日(24:00) 日本    vs.  セネガル   エカテリンブルク

6月24日(27:00) ポーランド vs.  コロンビア  カザン

6月28日(23:00) 日本    vs. ポーランド   ボルゴグラード

6月28日(23:00) セネガル  vs. コロンビア   サマラ

 


 

 

西野監督と日本代表を信じよう!

さて、ロシア大会はすでに始まっている。

すべての参加国のメンバーも発表され、着々と体制を整えている。

また、各国とも大会の盛り上がりに熱も入って来ているように思える。

 

日本チームは、直前の監督の解任交代をえて、あまり評判は良くない。

対戦相手のチームからも、あまり高い評価が聞こえても来ない?

でもそのほうがいいように私は感じている。

 

これから、親善試合を2試合行って、本番に向かうことになる。

ここでの結果に一喜一憂するのだろうが、慌てることはない。

私は、全敗して良いと思う。

 

あくまでも、準備の試合である。監督が代わったばかりで

チームの意志の疎通が最大のテーマだろう!

だからこそ、目先の試合は当然試しの試合となろう!

勝つよりも負けたほうが得るものが多いのが試合である。

 

だから、思いっきり負ければよいと思っている。

そして、膿を出し切って、本番に臨んでほしい!

日本チームは、世界一強いチームではない。

 

むしろ今大会の中でのチーム力は低い方である。

FIFAのランクが物語っている。

だから、本大会はやれることを着実にやることが肝心と思う。

 

いくらプロの選手でも、やれないことはやれないのである。

個々の能力では限界があるのだ。

後はチームのメンバーの力を信じて戦ってもらうしかない。

我々はその代表のチーム力に期待したい。

 

 

西野監督のチーム力を引き出す力に期待したい。

そして、熱く、静かに、エールを送りたい!

 

「熱腸冷眼(ねっちょうれいがん)」

私の好きな言葉である。

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に 

スポンサーリンク
おすすめの記事