こんにちは楽しみ太郎です!

今回は米大リーグ、エンゼルスは8日、

大谷翔平選手が故障したことについてお伝えします。

それでは見ていきましょう。

大谷翔平選手が右肘の内側側副靱帯の損傷で治療を受けていました。

米大リーグ、エンゼルスは8日、大谷翔平選手(23)が右肘の内側側副靱帯の損傷でメジャー入り後初めて10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。7日にロサンゼルスで右肘に自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」と呼ばれる治療を受けていた。

 

また日本の若い選手が、大リーグで活躍し始めた時に

故障に悩まされている。

毎回みられる光景である。

それほど過酷な大リーグのグランドや道具である。

  メニュー

  • 大谷翔平選手の怪我は?
  • 大谷翔平選手の投手生命は?
  • 大谷翔平選手は打者て大成を目指すべき?

 

大谷翔平選手の怪我は?

大谷翔平の故障者リスト入りに全米驚愕!原因はマメじゃない!深刻な事態も...

 

大谷翔平投手は、PRP多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けたが、

トミー・ジョン手術は勧められなかったという。

大谷選手は昨年10月にもPRP注射を受けており、GMは「今季ここまでの活躍を見れば、

PRP注射に効果があることは分かるはず」と話した。

このように彼にしては、初めての故障ではなさそうだが、

これまでの日本人メジャー選手は常に故障と戦ってきた。

大谷選手もその洗礼を受けている。

 

スポンサーリンク

大谷翔平選手の投手生命は?

現在のところ、それほど深刻な怪我ではない様だが、

これまでの日本人選手の経緯を思い出すと楽観視はできない。

スポーツ選手にとって怪我は最大の問題である。

怪我によって一瞬にして選手生命が危機にさらされた人は多い。

大谷選手は今回は重大な怪我ではないが、これほど早く

怪我が起きるとは、それほど過酷なマウンドと言えよう!

早く慣れてくれればと祈っていたが、やはり日本人投手にとっては

かなり厳しいマウンドとボールのようである。

これだけが怪我の原因ではないだろうが、早く完治することを祈りたい。

 

大谷翔平選手は打者て大成を目指すべき?

二刀流の大谷選手の今回の怪我の報道を聞き、

やはり、一刀流で行くべきではないかと頭をよぎった。

ある元大リーガーのコメントが気になったからだ。

それは、大谷選手は、ピッチャーもバッターとしても

普通の選手として活躍できるだろう、

でも、どちらか一つにすれば、最高の選手に大成できるはずだ!

この指摘は私は当たっているようにおもう。

確かに二刀流は凄い!しかしそれだけである。

普通の選手が両方をやっている。

それよりも、バッターとして超一流に大成してくれた方が

楽しみは大きいように思える。

あくまでもファンとしての思いだけだが。

大谷選手のこれからの判断を見ていきたい。

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に  

スポンサーリンク
おすすめの記事