スポンサーリンク

 

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は全豪オープンで快進撃を続ける

大坂なおみ選手の国籍についてをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

全豪オープンはいよいよ佳境に入ってきました。

準決勝ですね!これを勝つと、世界ランキング

1位になるのだそうです。

女子テニス界初の世界ランキング1位ですよ。

 

目次

  • 全豪オープン後に世界ランク1位?
  • 大坂なおみ選手プロフィール
  • 大坂なおみ選手の国籍によってオリンピック不出場!

 

 

全豪オープン後に世界ランク1位?

テニスの全豪オープン第11日は24日、メルボルンで行われ、

女子シングルス準決勝で4大大会2連勝を目指す第4シードの

大坂なおみ選手が日本勢初の決勝進出をかけ、第7シードの

カロリナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。

 

昨年の全米オープンに続き、4大大会2連勝の重圧もかかるが、

大坂なおみ選手は、これまで通りの自然な受け答えで、周囲を和ませている。

準決勝の結果は神のみぞ知るだが、ぜひ勝って決勝へ出てもらいたい。

それが、日本のファンの願いであろう。

 

そして、グランドスラムの2連勝を見たいのである。

これが叶えば、世界ランキング1位にもなる!

夢のようなことが、目の前で起きていると思うと

本当にワクワクする!

皆で応援しよう!

スポンサーリンク

大坂なおみ選手プロフィール

名前:大坂 なおみ(おおさか なおみ)

英: Naomi Osaka

愛称:新幹線

国籍:日本 、アメリカ合衆国

出身地:日本大阪府大阪市中央区

居住地:アメリカ合衆国フロリダ州パームビーチ郡ボカラトン

生年月日:1997年10月16日(21歳)

身長:180cm

体重:69kg

利き手:右

バックハンド:両手打ち

ツアー経歴

デビュー年:2013年

ツアー通算:2勝

シングルス:2勝

ダブル: 0勝

生涯獲得賞金:7,682,862 アメリカ合衆国ドル

<ウィキペディア>

 

 

昨年の全米オープン優勝で一躍世界のトップ選手に躍り出ましたね。

そのインタビューの受け答えが、なんとも言えない片言の日本語の言葉か

ファンを喜ばせました。

 

国籍によってオリンピック不出場!

大坂なおみ選手は現在、日本とアメリカの二重国籍を持っています。

法律上、アメリカ人の父と日本人の母に生まれ日米二重国籍の大坂選手は、

22歳になるまでに1つの国籍を選び、もう1つから離脱しないといけないのですね。

来年10月16日の誕生日を迎える前に選択を迫られる訳です。

 

普段の国民ならあまり話題にすらされないでしょうが

大阪なおみ選手はそうはいかないでしょう。

なぜならば、普通の人はほったらかしておいてもなんの支障もありません?

黙っておけば両方の国籍を持ち続けることが可能だといわれる。

 

原則として禁止でも、取り締まりも、法的な罰則もない。

かつて話題になった、蓮舫さんのように問題視されなければ、

外国の国籍を放棄することは「努力義務」で終わり、

強制されないものだ。実際問題、そんな「隠れ二重国籍保有者」は多いようだ。

 

しかし、大阪なおみ選手の国籍はその後の生活やプレーに大きくかかわってきます。

いま彼女は生活の基盤をアメリカにおいており、そのままアメリカの国籍を

選択するのが普通と思われます。

 

彼女にとってそれが一番すんなりと受け入れられる選択と思われます。

確かに、現在日本人プレーヤーとして紹介されることの多いですし、

スポンサーも日本のものが多いようです。

 

でも、どちらかを選ばなくてはならないのです。

最も彼女が受け入れやすい環境を撰ぶでしょう。

国籍をアメリカに選んだ場合、日本からのオリンピックの出場は

出来なくなります。

理由は簡単。IOC(国際オリンピック委員会)のルールとして、

アスリートは国籍のない国の代表選手になれない。

そして、日本のルールとして、外国籍を有するものは日本の国籍を有せない。

この規定によって、日本人としてオリンピックには出れないことになります。

 

では日本の選択肢はないのだろうか?

なんとも言えないでしょう。

日本を撰べば、オリンピックの出場も見えてくるでしょう。

ファンもスポンサーも喜ぶのは見えています。

しかしそれだけです。

 

現実の生活や、ツアーのプロテニスプレーヤーとすれば、

むずかしい選択と思います。

出来れば、日本を撰んでほしいとは思っています。

まずは、全豪オープンで優勝し、世界ランキング1位に

なってほしいですね。

 



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事