↓プロ野球見るなら↓ 

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はプロ野球の巨人阪神戦の今季初対戦で見せた

ミスター長嶋と 丸選手の復活をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

目次

  • ミスター長嶋の復活!
  • 丸選手の復活の第一号!
  • スタートダッシュの巨人!

 

ミスター長嶋の復活!

4月2日、東京ドームでの巨人の本拠地開幕戦で

長嶋終身名誉監督が観戦に訪れたのだ。

貴賓席で手を振る長嶋さんを見た野球ファンは

球場全体で歓声を送った!

 

 

昨年の6月以降体調を崩して入院している報道は

これまで何度かあった。

いったんは回復したて、夏の甲子園をテレビ観戦できるほどだったが、

8月下旬から9月にかけて、体調が悪化。酷暑も災いして、

集中治療室での闘病を余儀なくされた。

 

現役時代からずっと変わらなかった体重も10キロ近く減ったという。

しかし、長嶋さんはその危機も乗り越えた。

そして、幾度となく復活劇をみせてくれた

ミスターは再び桜咲く春に見事に復活してくれた!

国民の不安を払しょくさせるに余りある

元気な姿を見せてくれた!

 

スポンサーリンク

丸選手の復活の第一号!

古巣広島戦で今季巨人のユニフォームを着て臨んだ

開幕戦の 丸選手は、4打席連続4三振だった。

これは、プロ1年目の長嶋氏以来61年ぶりだった。

 

そんな感じを持ちながら、巨人の本拠地開幕戦で

ミスター長嶋の観戦を受けた。

そのミスターの御前で、高々と打ち上げたのは、

7―0の5回だった。

丸は馬場の初球、真ん中に入ったスライダーを振り抜いた。

滞空時間の長い打球は、巨人ファンで埋まった右翼席に着弾!

移籍1号が決まった瞬間である!

本人は、「東京ドームで1号を打つことができて本当によかった。

(長嶋氏が観戦して)気が引き締まりましたし、しっかりと勝ちたかった」。

と話した。

ダイヤモンドを一周した 丸 を迎えたのは、ベンチで両腕で丸をつくる

「丸ポーズ」である、そこで最高の笑顔を見せた。

いよいよ 丸 選手の復活が始まった!

 


スタートダッシュの巨人!

巨人は開幕3連戦の広島戦で、2勝1敗と勝ち越し

本拠地開幕戦で勝利して3連勝と復活のきっかけを

作った!

今年のペナントレースを占うには少し気が早いが

いつも長嶋監督は、開幕ダッシュと言っていた。

今年こそスタートダッシュが起きそうな雰囲気である!

復活したミスター長嶋さんに最高のシーズンを

みせてほしいものである!

期待して応援しよう!

 








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事