スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はお笑い芸能人の反社会的勢力の宴会への出席問題が

噴出している。なぜ5年もたって表に出てきたのかをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 
ブログの必需品↓


 

入江(カラテカ)への逆恨み?

問題となった闇営業は、なぜ4年以上もたって暴露されたのか。

本紙の取材では、入江は2015年10月にイベントの立案企画などを行う会社「イリエコネクション」を設立。吉本興業も協力し、自治体や行政関連の講演会などを行うようになった。関係者によると「それまでの“入江絡み”の仕事は素性のよく分からない付き合いもあった」が、吉本が入ったことで「経営がガラス張りになり、正規の仕事が増えていった」という。

【写真】副業で年商1億円…スーツを着こなし、オフィスで打ち合わせをするカラテカ入江

健全化された一方で入江は、会社設立前の“ヤバい人脈”を遠ざけるようになった。「“闇”が表沙汰になった背景はそこにある」と親しい知人は指摘する。「急によそよそしい態度を取り始めた。それを面白く思わない人物もいた」。

闇営業については入江が半分以上のマージンを取るケースもあり「あれはやりすぎやろ」と批判的な声が、芸人仲間という身内から上がり始めたことも“入江コネクション”のほころびとなった。誰かれ構わず人脈を広げたことで“闇勢力”に取り込まれた入江。騒動後、自宅マンションに閉じこもったままで、先輩や芸人仲間にウソをつかせて事態を深刻化させた影響はあまりに大きい。

 

お笑いタレントとして爆発的に売れていたわけでもないのに

カラテカの入江にこれだけのお笑い芸人が事務所も通さずに

集まったのも不思議だが、いまごろになってばれることも不思議だ。

 

 

スポンサーリンク

交友範囲の広さは人望があったから?

13名の芸人がそれぞれの所属事務所から謹慎を言い渡され、芸能界はテレビ局などを

だけでなく、都道府県も対応に追われている。

カラテカの入江に誘われて、反社会的勢力の宴会に出て金銭を受け取ったとして

事務所を通さない”闇営業”と呼ばれる活動がばれたのである。

しかし、入江はどうしてこれほどの人脈を築いたのだろうか?

彼よりも売れていた芸人も多いのに、このような闇営業に参加したのは

なぜだろうか?不思議でならない。

売れない芸人なら少しでも稼ぎがほしい、ネタをみせたいという気持ちはわかる。

しかし結構売れている芸人はなぜ、こんな闇営業に参加したのか?

また、入江はこの反社会的な勢力とのつながりはいつできたのだろうか?

今のところ、入江は反社会的な勢力とは知らなかったと言っているが

たぶんそれは怪しい。彼の人脈の広さは芸人仲間だけでなく、芸能界の

間では有名な話のようだ。仕事上顔の広さは有利であろう。

その為に、可能な限りアンテナを張り、顔を出して人脈づくりをしていたとの

証言もあるようである。

そこで、いろんな人と出会い、仕事を受けているうちに、反社会的な人との

交友が出来てもおかしくない。

 

そもそも芸能興行は元々ヤクザな稼業が仕切る見世物小屋から出発している。

だからその筋の人とかかわるのは理解できる。

かつては、あの昭和の歌姫「美空ひばり」も山口組の組長にかわいがられていた

という話もあるくらいだ。

現在は反社会的な団体との接触は認められなくなっているが、なかなか難しい

面もあろう。知らずに知り合って、応援してくれたので顔を出した、なんてことは

結構あるだろう。そんなやばい人たちとの接触は日常茶事の世界であろう。

だからこそ、売れれば売れるほどガードを厳しくする姿勢が必要になってくる。

闇営業に参加した時点で、アウトだろう!

なぜ事務所に所属しているのか考えればわかることである。

入江は、自己の交友を最大限に広げる努力をしたことは分かるが、

闇営業をしたところでアウトだったのではないだろうか?

それに乗った芸人も哀れである。

 
資産運用に最適↓



会社の必需品↓

 元気な男を取り戻す⇓



理想の体を作る?


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信 

関連ブログ:健美食と共に 

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題 

スポンサーリンク
おすすめの記事