スポンサーリンク

 

   理想の体を手に入れろ↑

 

こんにちは楽しみ太郎です!

巨人の上原浩治投手がシーズン途中での引退を発表しました。

それでは見ていきましょう。

 

目次

  • 異例なシーズン途中の引退
  • 上原浩治投手のプロフと功績
  • 後進の指導を望む

 

 

異例なシーズン途中の引退

19日、史上初の日米通算100勝100セーブ100ホールドの「トリプル100」を達成したレジェンド、

巨人上原浩治投手(44)が、シーズン途中に引退する意思を球団に伝えたことがわかった。

シーズン途中の引退発表は異例の事である。

 

首位を走るチームの力になるために、川崎市のジャイアンツ球場で若手選手と

汗を流してきた上原投手だったが、引退という大きな決断をした。

 

上原投手は、日本復帰2年目の今季は1軍登板がなく、2軍戦9試合にとどまっていた。

昨年10月に左膝クリーニング手術を行い、自由契約を経て巨人と再契約。

厳しいトレーニングを継続してきたが本来のパフォーマンスが戻る事はなかった。

スポンサーリンク

上原浩治投手のプロフと功績

上原浩治投手のプロフィール

名前:上原浩治(うえはら・こうじ)

出身地:大阪府寝屋川市

生年月日:1975年4月3日(44歳)

身長:187 cm

体重:87 kg

選手情報

投球・打席:右投右打

ポジション:投手

プロ入り:1998年 ドラフト1位(逆指名)

初出場:NPB / 1999年4月4日

MLB / 2009年4月8日

年俸:5000万円(2019年)

経歴:括弧内はプロチーム在籍年度)

東海大学付属仰星高等学校

大阪体育大学

読売ジャイアンツ (1999 - 2008)

ボルチモア・オリオールズ (2009 - 2011)

テキサス・レンジャーズ (2011 - 2012)

ボストン・レッドソックス (2013 - 2016)

シカゴ・カブス (2017)

読売ジャイアンツ (2018 - )

国際大会

代表チーム:日本

五輪:2004年、2008年

WBC:2006年

<ウィキペディア>

東海大仰星から1浪して大体大進学。

98年ドラフト1位で巨人入団。

1年目に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率、沢村賞、新人王、

ベストナイン、ゴールデングラブ賞。

 

02年は17勝で2度目の沢村賞。

08年オフにFAでオリオールズ移籍。

レッドソックス時代の13年には抑えでリーグ優勝決定戦MVP、ワールドシリーズ制覇。

大リーグでは4球団でプレーし、巨人復帰。

 

昨季は7月に日本人初の日米通算100勝、100セーブ、100ホールドを達成。

昨季最終登板時の43歳5カ月は巨人の球団最年長出場。

04年アテネ五輪、06年WBC、08年北京五輪代表。

 

後進の指導を望む

上原投手は、大学入学前に浪人した19歳の苦しい1年間を忘れないように、

球界のスターになっても背番号「19」への愛着は変わらなかった。

 

その代名詞の「雑草魂」を貫いた右腕が、野球人生に1つの区切りをつけた。

これからは、日米での自分の経験を生かして、若手の育成に携わってほしい。

これだけ苦労して、日米で大成した選手も少なく、特にピッチャーでは野茂氏

に次ぐ存在ではないのか。

プロ入り前からの苦労を始め、これだけの経験は、現代の野球を愛する少年たちに

伝える義務があるように思う。

 

少子化が進み、野球少年の減少もささやかれる中、野球の楽しみや凄さを

是非伝えてほしいものである。

本当にお疲れさまでした!








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク
おすすめの記事