スポンサーリンク

 

  プロ野球見るなら↑

 

こんにちは楽しみ太郎です!

巨人の投手陣が連夜の2桁失点!

原監督は異常事態と宣言した!?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

クリーアップそろって2ランも?

東京ドームでの、巨人・ヤクルト戦で巨人は、今季初めて

クリーンアップそろい踏みの本塁打を放った。

前日にヤクルトの主軸3人全員に本塁打されたお返しを、

丸、岡本、ビヤヌエバと全て2ランで果たしたが、

11失点と投手陣が撃ち込まれ、白星につながらなかった。

結果は:セ・リーグ 巨人6―11ヤクルト ( 2019年4月14日 東京D )

打線が上向いている時に勝ち星を増やしたい巨人だが

なかなか投打がかみ合わない様子だ!

 

スポンサーリンク

投手陣の異常宣言

先発の畠は3回を6失点と相手に癖を見破られつけ込まれての失点を

原監督は「癖が出ている。“真っすぐ行きますよー”と放っていたら抑えられない。

本人も自覚しないと。私も含め担当コーチというものが、焼きごてを入れるくらいに反省しないと」と話した。

これはプロのピッチャーとしては異常な出来事である。

 

球種の分かる球はプロなら当然打つ!

プロたるゆえんである。

それを自覚しないで投げさせた環境こそ異常だと

原監督は戒めたのだ!

 

畑投手は、最速152キロも2度の3連打を含む9安打を浴び、

試合後に出場選手登録を抹消されることが決まった。

2軍ての調整である。

 

スポンサーリンク

投手陣の立て直しは?

投手を管理する、宮本投手総合コーチは

「もう一度立て直したい」と話している。

先発だけでなく、中継ぎ投手も崩れて2桁失点を

連日献上した。

当然中継ぎ陣の入れ替えも必要なのだろう!

スタートダッシュに成功した巨人だが

早くも暗雲が漂い始めた?

 








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事