スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

セパ交流戦、 巨人 vs. ロッテ 3回戦 は、11-3で巨人が大勝した。

それでは見ていきましょう。

 野球見るなら↓



 

 

菅野25日ぶり復帰で6勝目!

巨人は2回に陽岱鋼の適時三塁打などで2点を先制して主導権を握った。

その後、3回の亀井のソロと大城のタイムリーツーベースで2点、

4回も若林のソロと坂本のタイムリーツーベースで2点を上げここまでで

6-0とリードを広げた。

5回、ロッテの鈴木のツーランで2点を返した。

菅野は6回3安打2失点で25日ぶりのマウンドを降りた。

8回の攻防は、ロッテの中村奨吾がタイムリーツーベースで1点を返した。

その裏、巨人は亀井、丸のタイムリーで加点し、代打・阿部の3ランで

試合を決めた。

菅野は、5月8日以来の6勝目を挙げリーグ最多に並んだ。

ロッテは石川が4回6失点と誤算だった。

スポンサーリンク

交流戦好調の巨人

毎年交流戦に入るとセリーグは苦戦して大きく順位が入れ替わる。

そして、パリーグは優勝への足掛かりをつかむ最初の時期となる。

今年も同じような傾向が出始めている。

セリーグ首位の広島が、苦戦でのスタートで、パリーグソフトバンクは

快調に飛ばし始めた。

 

巨人もここまで、6勝2敗とまずまずの成績で来ている。

このままの流れを維持できれば後半戦への期待が高まる。

しかし、巨人の勝パターンができ始めたかというとそうでもない。

これから、手探りながらの交流戦は続きそうである。

とにかく面白い戦いになりそうである。

 
現金がどんどんたまる⇓



ブログの必需品↓



資産運用に最適↓

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事