スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は甲子園の高校野球は履正社が優勝しました。

その中でも4番・井上広大右翼手がホームランを打ち

ドラフトでの評判が上昇をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

目次

  • 高校野球は履正社が優勝
  • 井上広大選手のドラフト評価は?
  • 井上広大選手の彼女が気になる

 

 
スポーツ見るなら↓


 

高校野球は履正社が優勝

第101回全国高校野球選手権大会の決勝戦が行われた。

履正社対星稜は5対3で履正社が勝利し優勝した。

 

履正社は大会NO1右腕、星稜(石川)の奥川恭伸投手(3年)を攻略し、

春夏通じて初の日本一に輝いた。

今春のセンバツ1回戦で0―3で敗れた星稜にリベンジを果たした。

昨夏の大阪桐蔭に続き、2年連続で大阪勢が頂点に立った。

 

 

 

スポンサーリンク

井上広大選手のドラフト評価は?

この試合で、先行された履正社がすぐに反撃した。

3回2死から連続四球で一、二塁とし、4番・井上広大右翼手が初球のスライダーを

バックスクリーン左へたたき込み、3―1と逆転した。

この一発で、井上広大選手ほ評価はまた一段と上がった。

 

プロフィール

名前:井上広大(いのうえこうた)

生年月日:2011年8月12日

出身:大阪府大東市

身長:187㎝

体重:97㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:レフト、ライト、サード

学校経歴:小学校不詳→大東市立南郷中学校→履正社高校

野球経歴:不明→東大阪シニア→履正社

 

今年のドラフトの関心を集めている野手の1人だ。

井上選手の最大の魅力はなんといっても長打力です。

新チームからは主砲として履正社打線を引っ張ります。

高校通算48本塁打の右の大砲候補で、

2019年夏の甲子園決勝では大会屈指の好投手である

奥川恭伸からホームランを放ち、履正社初の優勝へ導きました。

プロのスカウトが評価する右の大砲候補です。

スカウトの評価の一部です。

●「右の大型外野手(187センチ、95キロ)で長打が魅力。 スケールが大きい」

●「大きいのが打てる。非常に楽しみ」「飛距離は魅力ですしね。高校生の中では屈指の存在です」

●「ナイスバッティング。ファーストストライクから甘い球を仕留められるようになった。
体格もいいし、鍛えがいがある。右打者で長打を打てるのが魅力的」

かなりの高評価でドラフト会議に望みそうですね。

井上広大選手の彼女が気になる

残念ながら(笑)井上広大選手の彼女の情報はありませんでした。

これだけのイケメンで騒がれている井上広大選手ですから、

他校にもファンクラブなど存在しそうな感じですね。

 

そして、彼女がいてもおかしくはない年齢ですね。

現在のところ、井上選手は甲子園に出場するくらいですから、

野球が恋人なのでしょう!

でも、甲子園が終わると、井上広大選手にも彼女が現れる

可能性がありますよね。

ちょっと余裕のできる時間に、素敵な出会いがあるかもしれませんね?

 
現金がどんどんたまる⇓



キャッシュバックはココ↓



ブログの必需品↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事