夏の体を手に入れろ↓

 

こんにちは太郎です。

令和も始まり、新しい時代の幕開けです。

そんな歳に新しいあなたの体を手に入れませんか?

そうです、ライザップで手に入れるのです。

今から始めれば、この夏の主役に躍り出る

あなたの体が手に入ります。

さあ、夏の主役を目指して始めましょう!

ライザップはあなたの体にコミットします。

 

目次

  • ライザップのコミットとは?
  • ライザップの隠れた主役は食事!?
  • 夏に向けての理想のあなたの体をイメージする
  • 入会は無料カウンセリングから始める

 

 

スポンサーリンク

ライザップのコミットとは?

約束や公約、委任されたことに対して、

「責任を持っている」という意味を強めているのがコミットメントで、

ただの約束よりも強い意味合いということになります。

ライザップの「結果にコミットする」とは、

 

◎あなたが理想の体型になる事を、責任をもってお約束します。

と言うようにダイエットに対して強い責任を持つ!との

思いを込めているようですね!

 

ライザップではこの理想の体型づくりに環境を整えていると言うことです。

専属トレーナーとの完全個室のマンツーマントレーニングが中心で、

栄養管理師を付けて食事の内容も管理しているようです。

痩せて魅力的になるように、トレーナーとマンツーマンで徹底的なサポートと、

ある程度の厳しい管理に基づいてプログラムを進行しているようです。

それであの体型を手に入れているのですね!

スポンサーリンク

ライザップの隠れた主役は食事!?

ライザップ期間中は、かなりきついトレーニングをしたり、厳しい食事制限を

想像する方が多いのではないでしょうか?

ライザップで重要視しているのはトレーニングよりも食事です。

トレーニングももちろん大切なのですが、何よりも食事が大事になります。

ここではライザップ期間中の食事のルールを紹介します。

◎ライザップの食事のルール

1、糖質を抜く

ライザップは、太る最大の原因は糖質ととらえています

その為、ごはん、パン、麺に多く含まれているため

食事の制限があります。

 

糖質はエネルギーの元で、糖質が足りていると脂肪が

燃焼することはありません。

したがって、糖質を抜くことで、脂肪を燃焼してエネルギーを

生成する状態を意図的に作り出そうとしています。

2、たんぱく質を多く摂る

タンパク質は、肉、魚、卵、大豆などに多く含まれます。

これらの物を優先的に取るようにしましょう。

ライザップ式では、1日で体重×1.4倍のグラム数を摂るのが目安とされています。

例えば80kgの人の場合、80×1.4=112gを摂るべきなのです。

 

3、昼>朝>夜

食事のボリュームを昼>朝>夜の順番にします。

比率は  3:5:2(朝:昼:夜)がポイントです。

夜はお腹いっぱい食べたくなるのもわかりますが、

たとえたんぱく質であってもそこで多く摂取してはいけません。

夜は昼間ほど活動しないので、タンパク質は脂肪に変わってしまうのです。

したがって、朝と昼に重点を置いて食事をするのが大切になります。

 

4、水分をしっかりとる

ライザップでは水分の摂取も重要と考えています。

男性は1日3リットル

女性は1日2リットル

を目安に水やノンカフェインのお茶を飲みます。

人間の身体は約60%が水分でできているので、水をとることは大事です。

 

水分をあまりとらずに体重が減ったとしても、それは水分が減っただけで

脂肪が減ったわけではありません。

新陳代謝を良くし、カロリーを消費するためにも適度な水分補給が必要です。

お急ぎの方はここから↓

夏に向けての理想のあなたの体をイメージする

あなたが手に入れたい夏の体をイメージしてください。

体重だけでなく体型も思い浮かべるのです。

そして、そのイメージが出来たら、ライザップの

無料カウンセリングを受けましょう!

ここからあなたの夏の理想の体つくりが始まります。

お急ぎの方はここから↓

入会は無料カウンセリングから始める

ライザップに入会するためにまずは、まず無料カウンセリングを

申し込むことになっています。

このカウンセリングでは、事前にアンケートに答えます。

・過去のスポーツ経験について

・普段の生活習慣について

・食事内容について

などですが、このカウンセリングシートを基に、

担当カウンセラーからヒアリングを受けます。

最後に担当者のフィードバックを受けながら、

どれくらいの期間でどのようなカラダを目指すのか

を具体的に話す流れになっています。

実際のカウンセリングは全体で約60~90分かかります。

無料カウンセリングを受けたからといって

必ず入会しないといけない訳ではありません。

気になる方はこちらから↓


スポンサーリンク
おすすめの記事