スポンサーリンク

 

  プロ野球なら↑ 

 

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は連休の10連戦を巨人は何とか勝ち越しで乗り切った!

それでは見ていきましょう。

 

連休最終戦を快勝!で勝ち越し。

連休最後の5月6日、10連戦の最後の試合は、

横浜DeNAベイスターズとの7回戦です。

結果は、DeNA2-10巨人 で巨人が勝ちました。

 

この試合の大きなポイントは、初回です。

昨年 0勝5敗と苦しんだ、DeNA先発の東を坂本の

ホームランで出鼻をくじいたことにあります。

その後、3回には炭谷、山本の適時打で3点を加えると、

坂本がリーグ単独トップに立つ12号2点本塁打。

三回までに8得点を挙げ、勝負を決めました。

 

先発の高橋は7回2失点の好投をみせた。

巨人は10対2で大型連休の最終戦に快勝して、

10連戦を5勝4敗1分けで勝ち越した。

スポンサーリンク

下剋上のスタメン起用

この試合はスタメンが久しぶりの日本人選手であった。

殆どの試合で外国人選手がスタメンに起用されていたが、

元本塁打王のゲレーロと、メジャー20発のビヤヌエバを2軍に落として、

原監督は大幅に組み換えた。

 

原監督ならではの思い切りのよさは、選手が働ける環境を作っているようである。

実績ではなく、実力主義で選手を使っている。助っ人、ベテラン、中堅、若手の区別なく、

フラットな目で判断しているのが見える。

平等だから、不平不満も不協和音も出ない。さらに、結果を出さないと、

自分もすぐ落とされるという危機感があるため、必死で食らいついているのが

現状の巨人軍の選手なのだろう。








これからの活躍にどんな選手が出てくるか楽しみである。

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事