スポンサーリンク

プロ野球なら↓

 

こんにちは楽しみ太郎です!

巨人が対DeNA8回戦を逆転で連勝した。

それでは見ていきましょう。

 

巨人打線が菅野の不調を救う!

菅野は初回、ロペスに2ランを浴びるなど、いきなり3点を先行された。

この日の菅野は、立ち上がり制球が思わしくなく、いつもより

あまく球が来ていたようである。

そこをロペスに狙われて、ホームランを打たれた。

5回に筒香、6回には代打・乙坂に適時打を浴びて、リードを広げられれ、

菅野は6回8安打5失点で降板となった。

しかしこの日の巨人打線は粘りを見せた。

不調の菅野を援護して奮起!打線が菅野の負けを消すどころか、

土壇場で白星をもたらした。

スポンサーリンク

雑草のような強さが見え始めた打線!

この日の打線は、先行するDeNAに対して、2回の1点だけだった。

しかし、その打線が驚異の粘りを見せたのは7回である。

 

7回1死から田中俊が四球で出塁すると、2死となって山本も四球で繋ぐ、

このあたりが、今年の巨人の打線の強さ、雑草のようである。

ここで坂本が球団タイ記録となる開幕から33試合連続出塁を達成する

右前適時打を放ち1点を返した。

 

さらに丸、岡本が連続四球、亀井が走者一掃の適時二塁打を放って逆転に成功した!

さらに重信も2点適時三塁打を放ち、この回大量7得点をあげて、

一気に試合をひっくり返して菅野に勝利の権利を与えた。

逆転を受けて後をつないだリリーフ陣は完璧な投球を見せる。

田口、アダメス、中川と走者を一人も出さず押さえ切り

菅野に白星をもたらし、中川は初セーブを手にした!

巨人はこれで貯金が8と今季最多タイと戻した。










 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク
おすすめの記事