ジャガー横田の夫木下医師がパワハラで訴え!見た目と逆の性格?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はジャガー横田の気弱な夫“木下医師”が壮絶パワハラで訴えられる!?

ということが起きているようです。あの気弱な医師がなぜ?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 
スポーツ見るなら↓


 

見た目と大違い木下医師の診察行動!?

17日、医師でタレントの木下博勝氏が、2017年4月から2019年8月31日まで働いていた

「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していたことが、

「週刊文春デジタル」の取材でわかった。とオンラインで伝えている。

木下氏は東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、東京大学医学部附属病院第一外科にも勤務したことがあるエリート医師だ。2004年には女子プロレスラーのジャガー横田(58)と結婚し、テレビへの出演が増えていった。現在も鎌倉女子大学家政学部の教授を務めながら、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にレギュラーコメンテーターとして出演している。

「妻の尻に敷かれるエリート医師というキャラクターが受け、結婚直後は連日テレビ出演していました。現在でも“おしどり夫婦”のイメージです。最近では2018年9月から『スッキリ』(日本テレビ系)で始まった、息子・大維志くんの中学受験密着企画にもたびたび出演していました。木下先生は早朝6時30分から息子に勉強を教えるなど、いいお父さんぶりを発揮されていました。

この企画は評判がよく、2019年4月8日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)には親子3人で出演。ジャガーさんに対して木下先生と大維志くんがタッグになってクレームを言い、それをジャガーさんが腕力でねじ伏せるというお決まりのくだりが放送されていました」(テレビ関係者)

お茶の間では“恐妻家の気弱で優しい夫”という印象の木下氏。しかし准看護師として颯心会で働くAさんは、そんな木下氏からのパワハラに苦しめられ続けてきた。

Aさんは木下氏に対して慰謝料300万円の損害賠償請求
「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

颯心会が経営する病院は、患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメインだ。Aさんは助手として、常勤の訪問診療医として働く木下氏に常に同行していた。そこで繰り返しパワハラを受けていたのだという。

「ほぼ毎日木下先生と行動を共にしていて、そのたびに木下先生から厳しい叱責を受けていました。頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的にありました。地獄のような日々でした」(同前)

2019年8月7日、Aさんは木下氏と新人助手新人助手とともに訪問診療に回っていた。この日も木下氏はいつものようにAさんに対して執拗に叱責を繰り返していた。

「新人助手の教育も兼ねていたので、3人で訪問診療へ行ったのですが、いつも通り木下先生の当たりはきつかったです。でも、特に理不尽だなと感じたのが、診療が終わって車に戻ったときの木下先生の発言です。新人助手が診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下先生が僕に対して突然怒りだしたんです」(同前)【抜粋】

 

木下医師は事実を否定しているが、ここまで証拠が出てきているなかで

現在のパワハラの条件にはまっているようである。

エリートが陥る時代の錯覚としか言いようがないだろう。

 

スポンサーリンク

医師なら客観的に行動を

かかあ天下のジャガー横田に攻められながら、気弱い夫を演ずるのは

家庭だけでよかった!それがテレビなので評判となり、いろいろな番組で

取り上げられてきた。

そのため、木下医師の本職である医療現場での仕事は余り報じられてこなかった。

当たり前の話で医療現場は患者さんのプライバシーそのものの現場である。

一般人に公開するべきでない場所である。

だからこそこの現場には高い倫理性が求められている。

医療現場こそである。この高い倫理性が失われて時、医療現場は悲惨な

事件現場となっているのはこれまでたくさんの事件が物語っている。

 

かつては医師は神様であり、不可侵の人物であった。

その行為が善悪の境は一般人には踏み込めず、サポート役の同じである。

まして患者は何の権限もなかった。

 

しかし現代は医師とて人間である人間としての言動が優先される時代である。

いくらエリート医師の木下博勝氏とて同じである。

このようなパワハラは周囲も認めているようなので、本人の自覚によるだろう。

早く客観的に考えて、現代人の医師へなる事をおすすめする。

 
映画、ドラマ、アニメは↓



キャッシュバックはココ↓


 ブログの必需品↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事